これは驚き!ヒアロディープパッチで涙袋を作れる?

これは驚き!ヒアロディープパッチで涙袋を作れる?

これは驚き!ヒアロディープパッチで涙袋を作れる?

 

 

・涙袋をつくりたい

 

最近、涙袋をつくりたいと思っている人が増えてきているようです。

 

涙袋とは目の下の膨らみのことで、涙袋があると目がパッチリしているように見えるとか、膨らみがあると可愛く見えるということで人気となっていて、メイクを工夫したり、画像修正などで自分の顔写真を涙袋があるように加工している人をよく見かけるようになりました。

 

涙袋は、女性ホルモンの分泌が多いと膨らみやすいと言われているので、女性にある人が多いですが、女性でもある人とない人がいます。涙袋に特別な機能があるわけではないので、なくても体に支障が出るわけではありませんが、涙袋がほしいと思っている人は多いようです。

 

現在では美容整形のヒアルロン酸注射で涙袋をつくるという方法もありますが、整形まではしたくないという人も多いでしょう。そこで、ヒアルロンニードルパッチでヒアルロン酸を注入することができるヒアロディープパッチで涙袋を作れる?と考える人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

・ヒアロディープパッチで涙袋を作るのは難しい

 

結論から言えば、涙袋がない状態からヒアロディープパッチだけで涙袋をつくるというのは難しいです。

 

涙袋の部分は眼輪筋という筋肉と脂肪があり、眼輪筋の上に脂肪が乗っかっていることで涙袋ができます。

 

よって、ヒアロディープパッチを涙袋の部分に使用すれば、脂肪の上にヒアルロン酸などの有効成分が乗るカタチになって、多少膨らむことはあると思いますが、全く涙袋なかった人が、ぷっくりとした涙袋ができるというレベルになることはありません。

 

ただし、元々涙袋がある人は加齢などで眼輪筋などがたるんでくると涙袋がたるんできて、チャームポイントであった涙袋が老け顔の原因となってしまうので、それを予防するためにヒアロディープパッチを使用するというのは有効な方法になります。

 

 

 

 

・眼輪筋を鍛えよう

 

涙袋をつくりたいというのであれば、眼輪筋を鍛えるのが効果的です。涙袋がある人も、眼輪筋を鍛えることでたるみの予防になります。

 

眼輪筋を鍛える方法はいろいろありますが、一つ紹介します。

 

まず、上を向いたまま目だけを下に向けます。その状態のまま、まばたきをゆっくりと10回くらい行います。そして、今度は下を向いたまま目だけを上に向けて、その状態のまま同じように瞬きを10回くらい行います。これを2セットから3セット行いましょう。

 

まばたきを大きくゆっくりとやることと、眼輪筋が使われているのを意識するのがポイントです。

 

下記の記事も見てくださいね。

 

 

劇的改善!ヒアロディープパッチ目の下のたるみやクマ、しわへの効果